忍者ブログ

睡蓮の夢草紙

城崎紫苑の生息を確かめる場所。記事に関するコメント大歓迎。ボケかましても、ツッコミかましても、絡みに参上仕ります。ただし、二次加工・コピー・無断転載・再配布は禁止させていただきます。よその子さんイラストは、そのキャラさんの親御様ならお持ち帰り御自由です。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同姓同名

お、お久しぶりです。
すっかり新規投稿がこんな時期になってしまいました。


地震大変でしたね…!
皆様大丈夫でしょうか。勝手に信じたり祈ったりしています。
私の方は大阪人なので特に被害も無く、しばらくはしょこらーでで確認をとったり相互様の安否をおろおろ見回りにいったりしていました。
しょこらーでのメンバーですが、大体連絡付きました。
もうちょっとしてからあっちに報告いきます。

私にやれることっていったら、
企画者として確認をとったり(私のメールで迷惑をかけることを避けて、今回に関してのメールは1回しかしない方向で…)、いつもどおりに作業しているしかないなと思っています。
いつも通りの生活を送って、家に明かりをともし続けておかなければ(※比喩です)。
西日本にいるのに、意味なく突然節電したりしています。
関西電力は予備電力でどうにかするそうで、あんまり意味ないって知って若干ショックでした(笑)
本気でこっちもやらないとと思って焦って節電していた日ェ…
しかし気分だけでもいいんじゃないか! 実際家計には優しいと思うっ
なんかこう、気が付いたらやっていこうと思います。


と、時々私の名前で検索かける方がいらっしゃって凄くどきどきしちゃって、
なんかこのサイト以外に過去の恥ずかしい産物がヒットしてたりとかしたら猛烈に恥ずかしいなと思って自分で検索してみたら(自分で自分の名前検索するとか自虐行為なのであんまりしたくない)、
なにやら、同姓同名さんがおられるみたいです。
これについては、ツイッターやらで呟いたことがあるかなとおもいます…。

実際難解単語を組み合わせただけの名前で漢字も捻ってないので被りもあるだろうと思います。
無意識に被っちゃったってことかもしれません。
のですが、一応明記しておいた方が良いかなと思ったので僭越ながら失礼させて頂いて書いておきます。
お互い勘違いされたら困るだろうなという部分と、個人的に間違われたら困ることもあるので…(オクとかオクとか)
しょこらーでは私がおかしなことにならない限りはずっとフリーウェアで続けていくつもりですが、
色々考えた時に下手するとかなり大問題になりそうだなと感じまして。
私はこの名義では絶対にオークションしていないので気を付けてやってくださいませ。
何も買っていないですし売ってもいないです。


私とは違う城崎紫苑さんが此処をご覧になられた場合、私の方に悪意は御座いませんことご了承頂き、またご容赦頂けましたら幸いです。あくまで区別をつけたかった、というのが理由で御座います。
案内ページにも書いた方が良いかなって悩んでます。
これはあんまり関係がないですが、いじめをテーマにした作品にも同姓同名キャラがいたみたいでHITして驚きました。
この単語の組み合わせってポピュラーなんですね…でも名前変える気はいまのところないです
変えろって言われた場合でも、ちょっと意味があって付けているので難しいところです…。


【ご注意 ※私、城崎紫苑が当名義でしていないこと】
オークション、EZwebでの書き込み(DoCoMoユーザです)、相互リンク先を除くFF・SOに関する二次創作と交流、「BL広告反対同盟」様への加入


基本的には、自分のサイトを伏せると敢えて発言しながらの出回りはしていません。
何かしら、このサイトかしょこらーでかpixivに繋がって作品が確認出来る形か、運営ジャンルがオリジナルと分かる自己紹介付きで出歩いています。
大概、リンク貼っていると思います…記憶では…。
念のためですが、コスプレもしていません。
関係ないですけど、コスプレイヤーさんって皆肌が綺麗に見える!
…容姿がメインになるんだからあたりまえか…


というわけでして、上記に合致するものは私では御座いませんので、閲覧者の皆様には先方様と区別を付けて頂けたらと思います。
何卒よろしくお願い致します。

PR

運動もしないといかん

ええい!背景が倒せない!!!!!

有難いことに、しょこらーでの他に依頼で背景仕事を数件抱えさせていただいているのですが、
1つがすごい量になっていて、なかなか倒れません。苦手な構図克服しろ
折角の酷い背景力をレベルアップするチャンスを貰ったのに…アタックチャンス。
もうちょっとこう、空間処理能力というかなんかよくわからないけどそこらへんの何かがあればこれ作業はやいんですかね…私ってば魔空間つくるの得意☆
とか言ってるバヤイではない

私がやらないことで数人に影響が行く…というのをなるべく避けたいです…
でも自分ほんと時間かかるね…;
しょこらーでとかは特に、あれの特色とかキャラソンだとかの関係で、極端な話、キャラ提供者が1人いなくなるだけで3~5人が作業出来なくなって詰むので本当に誰かが止まるっていうのはゲーム制作では避けたいものです…そうならないように内部システムどうにかしようと頑張って改革していってるつもりです。勿論オフありきなので、あんまり無理もさせたくないし…とするとどうも年単位企画になる…。
私が倒れたりとかしたら一気に22人の作業が詰む…今ちょっと色々水面下で秘密のことしているので実際には今作に関係するしょこらーでメンバーは25人以上います。
どんなに大変でも絶対倒れるわけにはいかないなと思っています、肉体的にも精神的にも。
私がどんなに必死になったとしても、やっぱりどこかは詰むんですが、最低限にならんもんかな。
もしもしょこらーでみたいな状態でゲームつくってらっしゃるかたがいたら切実に企画者に運営管理のコツとか話とかききたいものです切実に。
もっと私がうまくできたら、皆もっと楽になると思うんだ。
時々、私なんていらないなんて気分になって心が折れそうになることあるのですが、なんにせよ、誰かが抜けるとその穴は大きくて…。
音楽担当の中尾さんとお話している時にあがった話なんですが、「落ち込んだら負け」ですね、ほんと!
あと、「絶対に一人で作業はするな」という話も本当に全力で同意です。
しょこらーでは複数人いるからこそハンデやデメリットも大きいのですが、複数人いるからこそ支えられるメリットは本当に大きいんです。
だから、私だけは何があってもあの企画を見放したり…大きく手を止めるわけにはいかないししたくない。
他の企画者ももしかしたらそういう気持ちあるかもしれない、と考えると、私は背景だけだからって甘い考えでいるのは失礼になる気がして…
なのになんだこの筆の遅さは。何が原因だ?パース力のなさ?
もっとメイキングとか見つけて見て、スピードアップ図りたいと思います…ます…

本日の自省でした。時々反省しておかないと堕落しそうなのです。
要約力ないので、考えを書きちらした結果パニくってるみたいになりましたが、多分大丈夫です。
背景、他1件はあとちょっとなんですよ!出来る限り良いもの差し上げたいです。
おそらく今日か明日には提出できるんじゃないかと。


それで!

継続!
ということで今回は時間の関係で塗りまで行かなかったのですが線画を持ってきました。
といっても線すごいことになってますががが

リリイ・シュシュ

リリイ・シュシュが懐かしいので日記更新してみる。


「リリイ・シュシュのすべて」という本があって、ちょっと特殊な感じなんです。
映画になっていて、私は小説を読みました。
確か多分高校の時に偶然図書館で見つけたから読んだ本で、色々思い出があるんです。
今日懐かしくなってぐぐってWikiから公式サイトとんだら10周年らしくて。

すごいなつかしい!
と、一緒に、読んだ当時の複雑な気持ちも蘇って来ました。
気になった本の題名と作者名をメモするミニノートを自分持ってて、その頃は書いてたんですよね。
だからその本のことも書いてあって、なんかこれだけご丁寧に値段まで書いてあるので…買おうと思ってたんだと思う。
なんで買わなかったのかはわかんないんですけど、買ってないみたい。
持ち続けるものにするのには、なにか心が足りなかったのかな。
今もよくわからないけど、思い立てば買おうと思います。
ものぐさなので、このノートは小学生の時から持ってるのに全然書いてなくって、時々書いてるだけらしくて、今見直すとなにがなんだかわけわからん。ちょっとかなしくなるページもあった。
そのあと、乙一氏の「ZOO」を読んでるらしいので、このあたりからホラーにはまってたんだと思います。


共感とか他にも色んな感情混ざって顔ぐちゃぐちゃにしながら読んだなぁ。
「リリイ・シュシュのすべて」は多分、「こころ」についてRaison~が影響受けた作品のひとつなんだなと思っています。

あの時って、ちょうどとあるものについて色々調べていて、私もサイトやってたくらいだったかなと記憶しています。高2以降だったかなぁ…?
サイトは、このサイトじゃなくて、前のサイトなのですがその頃からRaisonを連載していました。
数エントリ前の、珈音の絵も一緒にあるエントリで喋ってたサイトです。
Raison~は、ここに掲載する形とは違うバージョンがあって、それをアップしていました。
少しずつ変わって、今のバージョンをアップしています。
最初のバージョンは、珈音がもっと堅苦しくて、ルーアがおじさんで、本当の親子で、チュペラは蝙蝠で、ローリエと眠兎はまだいなくて(あの頃は存在させる気もなかったかもしれない、「今の自分」になってきたから多分存在させたんだろうなと思う)、キャラウェイはもっとひねくれてて、絹雅ももっと口が悪くて、アカリはもっとしにたがりでシズユも荒れていた。
色々変わった気もしますが、最後に書こうと思っている結末は変わりません。


リリイの話、あの時サイトで喋ってたっけ?
色々複雑な気持ちがあって、あの時の掲示板ログだけはとってある割に見る勇気がでない(自分に対する気持ちで…笑)
リリイも、買ったとしてもまた借りたとしても、もう一度読むのには時間がかかるかもしれない。
初めて読んだ時の衝撃を思いだしたい気分はあるんだけどなぁ…


リリイは幾分、キツイ


「おススメ!」って言いながら笑顔で言えるものではない気がしていますが、
気になった人にはなんだか読んでみて欲しい作品ではあります。
ただ、苦しくなるから、個人的には14歳は過ぎてからの方が良いかも。

リリイはちょっと私の中では特別な作品です。
映画、見てないなぁ…見ようかなぁ
あれは借りたりとかできるんだろうか

ピーテル・ブリューゲル

21日に拍手下さった方有難うございます!
そろそろ寒いので拍手絵変えないとですね~


なんとなく雑記。


土曜日に京都伊勢丹へ「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」を見にいきました。
何故だったか忘れましたが、偶然父親の手にチケットがあって、それを1枚貰ったのでした。

大学の時にアブラハム・ボッスについて調べる機会があって、
間違ってヒエロニムス・ボス(Wiki)を調べてしまって、
その世界に驚いたことも思い出させられる世界でした。

牧歌的なアルプスの風景に始まって、港の人々の暮らしや船の情景が美術展の前半を飾っていました。
それに混じって、7つの大罪であるとか、それに反する5つ…だったかな?(調べろ)
5つの良いことを描いたものもあって、
確か「忍耐」だったか「克服」だったかそんな感じのタイトルの絵に感動してしまって、ぼーっとしてしまいました。
怖くもありコミカルでもある悪魔にゾッとしつつ笑いもあって、お土産コーナーにあったハガキシリーズではでそれ関連ばっかり買ってしまって見事に美術展記念が怪物絵だらけになってしまいましたが、私はあれが好きだったなぁ。


けど、美術展に行く時、素晴らしい絵の数々に目を奪われることが多々ではありますが、
つい「隣に居るこの人はどんな気持ちでこの絵を見ているのだろう」と考えてしまってそっちが気になって仕方なくなってしまうこともしばしばあります。
今回は白黒の点と線で描かれた世界に、奥行きや空間把握の緻密さに凄いなと思いつつ、真剣に覗きこんでは眼鏡を上げ下げしている美術系っぽい青年や、ところどころを指さし合いながら笑いあって見て芸術系の学校の話題もしていたカップル、顎に手をあてて少し考え込むように眺めていた黒髪のお姉さんをつい気にしてしまいました。
美術展に美術作品を見に行っているはずなのに何を人間観察しているんだ自分は、とツッコミ入れて目を作品に戻したのですが、
ブリューゲルの作品の不可思議さを見るとどうも人の心が気になって仕方なくなってしまいました。
「大きな魚は小さな魚を食う」という作品では、魚が魚を食べ合っている様や人間の足がついた魚がまた魚を食べている様が描かれていたりするのですが、中央の魚の眼を見ているとなんとも言えない気持ちになりました。
あの感覚、他の人はどんなふうに感じているんだろうな。

そんなこと思っている割に、自分は静かに浸って見たい派なので、別に誰かと行った時に「どう思う?」とか訊かないんですけれども…(笑)
後で自然と絵画の話になるのは好きです。

【つまり】
自分の作品は抽象的なことをよく含めてしまいまくるのですが、
人の眼にどう映るんだろうなとよく考えてしまう。(好意的に見られているかとかでなく、なんだろう、もっと心の感覚的な意味で…うまくいえない)
人それぞれだから、やりたいことやればいいし、思うように思って欲しい。
と思うのと同時に、レンズの奥が気になる。

【まとめ】
こんなこと考えるからシナリオ制作遅いんですねわかります

うーむ

こんばんは、現在諸事情で自宅にいません。
予想外にバタバタしました。ちょっとひと段落ついたので参上です。
無理やりノートパソコンを持っていってます、重い。


しょこらーで、終章ト書きという大変なものをなんとか終わらせまして、
システム系のボイスも揃ってきましたし、ボイス系は順調です。
私の問題としては、ローリエ以外に受け持っているルート(ノーマルエンドとか)のシナリオがまだなので、どんどんそっちに力入れないとまずいなという感じがしています。
ちょっと作っては推敲し、ちょっと作っては推敲し、とかいう例のこの負のスパイラル的な制作上での癖をどうにかしたい。
ローリエよりは作りやすいはずなのでもうちょっとスムーズにいくとは思うんですが。
時々、立ち絵のラフが描きたくなるんですが、自分はそうすると文章の筆が止まっちゃうので、もどかしいながら服をデザインするだけでとどめています…うぐぐ

10/23、11/2に拍手下さった方々有難うございました。
なにやら心配させてしまったようですみません。
頑張ってこまめに消すようにはしているんですが、なんか最近掲示板に広告スパム多いですね
エロスやめてくれ
長年使っているし気に入っているのでこのまま使いたいんですが、どうしても長期間高頻度で来るようなら他を考えないといけませんね。

と、拍手返信は続きからです

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

HN:
城崎 紫苑
HP:
性別:
女性
自己紹介:
長髪とか和風とかレトロとか中世とか大好きな管理人。
お話はファンタジー至上。作る話の主人公はいつの間にか全員人間じゃなかったりするほど。
熱しやすく冷めやすいようだけれど、蛇のようにしつこい時も多々。

伽倶矢:「うぇぶ拍手だよ。ぱちぱちしてくれると嬉しいな。一言何か言いたい時にもどうぞ。」

拍手です。 本館のTopのものと共有しております。 返信はこの日記にて! 一言感想を送りたい時にもどうぞ。

(02/04)
(06/27)
(02/11)
初めまして(返信済)
(03/16)
おお!(返信済)
(06/25)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]