忍者ブログ

睡蓮の夢草紙

城崎紫苑の生息を確かめる場所。基本的にはTwitterの方が頻度は高いですが、何かありましたらこちらにも自分への覚書で書き込みをしています。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

黒馬の王子様

黒馬の王子様
「じゅてーむ」

忘れていたディアストラのお祝いを、日付操作で無理やり2日にアップしました。ですので、新しいエントリが1つ昨日の所にいます。
で、↑はそのエントリで言っていました帝です。
せ、線画作成の時点で既に不穏な空気が。
かなりやばそうな予感です。
18:08です。
悩んでます。

どっちが良いのか。というわけで、下書きをさらしてみたり。

「私と・・・踊っていただけませんか?」
な帝か、(既に一人称すらおかしい)


「じゅてーむ」
な帝か。(人格の崩壊)

どっちにしろ帝には不幸な結末にしかならない選択肢。
どっちが良いかなぁうーんうーん

と、悩んでいる間に、参加したかったアンケートに答えてきました。
選択肢の中でいっちばん大好きな魔王様に!!何百個何千個でもあげたくなります。(迷惑)
でも最近、ヴァラフさんへの愛ゲージも何やらドドドドドと。
そ、その他に書き込んでくれば良かったかもしれません・・・!!(今更気付く人)

帝はまだ悩んでます。

21:36です。私のパソコンでは。
結局、「じゅてーむ」な方に線画決定で作成してます。(やっちゃったこの人!!)
出来上がり次第、一番上のイラストと差し替えです。

ここで私信を!!
Loptさん、それではヴァラフさん追加していただきたく・・・!!あ、でででもきっと作業が大変になるでしょうから、大変なようでしたら結構です。でも大丈夫なようでしたら是非とも・・・!!ああああつかましくてすみません!
そして、何やら帝に反応を頂けて嬉しいです。頑張って王子様にします・・!(ぇええ)
現在BGMはLAREINEのアルバム「フィエルテの海に消ゆ」です。貴族っぽい人達なので何やらBGMもばっちりな感じです。
・・・・帝を描いているならGacktにした方が良かったか・・・な・・・。
恐れ多くも、帝は彼の雰囲気をモデルにしたキャラだったりします。曲たくさん知ってる訳じゃないのでなんとも言えませんが、とりあえずGacktファンさんに謝らなければいけない感じです。ちょっとは自粛しなさい。
23:59、やっと差し替えです。ドイツ語の連絡網をまわすのに手間取ってました。(不幸にも連絡係)
かなり痛い感じに出来上がりました。ふははははは
帝は才色兼備設定なので、きっと凄い流暢に「Je t'aime」って言ってそうです。更に嫌だ。
さすが、ホスト国王。変なびらびら服着せてもなじんでます。むしろ似合ってて怖い。ダークサイドな人なので、白馬の王子ではなく黒馬の王子。
版権絡みでなければ、リクエストは随時お待ちしております。
こんな壊れたリクエストでも多分大丈夫です。むしろ壊れてたほうが楽しいかもしれないですね・・・(ぇえ)

今日はこのあたりで退散です。
3日に拍手下さった方有り難う御座いました!!帝の下書き曝した直後の拍手でしたので、もしやウケて下さったのかと勝手に思い込んでます・・・!!(勘違いだったらどうするんですか)
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HN:
城崎 紫苑
HP:
性別:
女性
自己紹介:
長髪とか和風とかレトロとか中世とか大好きな管理人。
お話はファンタジー至上。作る話の主人公はいつの間にか全員人間じゃなかったりするほど。
熱しやすく冷めやすいようだけれど、蛇のようにしつこい時も多々。

伽倶矢:「うぇぶ拍手だよ。ぱちぱちしてくれると嬉しいな。一言何か言いたい時にもどうぞ。」

拍手です。 本館のTopのものと共有しております。 返信はこの日記にて! 一言感想を送りたい時にもどうぞ。

(02/04)
(06/27)
(02/11)
初めまして(返信済)
(03/16)
おお!(返信済)
(06/25)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]