忍者ブログ

睡蓮の夢草紙

城崎紫苑の生息を確かめる場所。記事に関するコメント大歓迎。ボケかましても、ツッコミかましても、絡みに参上仕ります。ただし、二次加工・コピー・無断転載・再配布は禁止させていただきます。よその子さんイラストは、そのキャラさんの親御様ならお持ち帰り御自由です。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時々思い出す



ここ数日でIndexとTopの絵をやっと更新しました。
古くてすみませんでし た
最近大きいサイズで作業するようになったのはいいのですが、以前の細かい感じを忘れそうで怖いです(笑)
小さいのも小さいので粗さが目立つとは思います が
ミリ単位で描いていた頃の根性を取り戻したい

リンクの方も追加や修正をしました。何か不備御座いましたらお手数ですがご連絡くださいませ。
しぐまさん、いつもご丁寧に連絡くださってありがとうございます~!
見る人によっては重いかもしれない話題を続きから。
重いっていっても、怒りとか、鬱々したものではないです(笑)
思い出語りみたいな感じです。「おぬしの思い出には興味ない」という人はスルー推奨です



たまに、ふと、このサイトの前に運営していたサイトのことに思いを馳せることがあります。
前のサイトは、今のサイトとは毛色がかなりかなりかなり違う内容でした。
今もあの時もサイトに足を運んでくださる方々にはお世話になりまくりです。
何かしら、力を頂いています。

Raison~を書きつづけようと思ったきっかけは、前サイトでお世話になった訪問者の方々だったりします。
と、いうのはちょっと違うかな?
でもあの時あの人たちと出会っていなかったら、私は今頃「ここ」にいなかっただろうなと強く感じます。
だからこそ、ふと後ろを振り返って、あのサイトを閉鎖してしまったことに変な罪悪感を感じてしまいます。
自分が不甲斐なくてたまらなくなって閉鎖してしまったのですが、今もとても不甲斐ない(更新頻度が低いという意味より、人間的な意味で)
未熟な自分は成長をしているのかどうかわからない。
少しずつは進んできている気がするのだけれど、根本はまだ同じラインに立っているような。

時々、あの人達に連絡をとりたくなります。
ほとんどはとり方がわからなくなりました。
もしもとれたとしても、「いまさら?」と思われてしまうかも。
それでも時々、無性に「ありがとう」と「ごめんなさい」を言いたくなってなかなか眠れない時があります。
だから今日はちょっとこんな話題を失礼。
まだ見ていてくださっていたらとても嬉しい、見ていなくてもいい。


ありがとう。まだ色々そのままですが、私はまだいます。
みんな元気でしょうか、苦しくて泣いたりしていませんか。
再び笑顔を描けるようになったのは、あなたたちのおかげです。



私は賢くはないし、歩き方もとろくて、強くもないと思う。
けれど、自分に何かを求めて貰えて、今も昔もたまらなく嬉しい。
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

HN:
城崎 紫苑
HP:
性別:
女性
自己紹介:
長髪とか和風とかレトロとか中世とか大好きな管理人。
お話はファンタジー至上。作る話の主人公はいつの間にか全員人間じゃなかったりするほど。
熱しやすく冷めやすいようだけれど、蛇のようにしつこい時も多々。

伽倶矢:「うぇぶ拍手だよ。ぱちぱちしてくれると嬉しいな。一言何か言いたい時にもどうぞ。」

拍手です。 本館のTopのものと共有しております。 返信はこの日記にて! 一言感想を送りたい時にもどうぞ。

(02/04)
(06/27)
(02/11)
初めまして(返信済)
(03/16)
おお!(返信済)
(06/25)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]