忍者ブログ

睡蓮の夢草紙

城崎紫苑の生息を確かめる場所。基本的にはTwitterの方が頻度は高いですが、何かありましたらこちらにも自分への覚書で書き込みをしています。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

多眼

1月19日、20日、26日、2月2日に拍手下さった方々有難うございました。
元気を有難うございます。


Rasion~に出てくる「心の虫」はどこまでオープンに描いていいのか悩むところです。
本当に昆虫の形をしている奴は苦手な人に大ダメージ与えかねない気も…。けれど表現には出てくるし、扱う場所もあるし。
自分も虫が苦手だが大丈夫か?
あくまで「ファンタジー」なので、現実感のあるようなのはあまりいないと思いますが。
虫が苦手なくせに、対抗しようとか描けるようになってみようとか思うものだから、やけに偏った知識が増えがちです。


珈音→真瓏→珈音ときたので、今回は真瓏側の話題です。


真瓏がよく連れている虫の会話

あの猫っぽい虫のほうは、名前を「スノーベリー」としてみました。
多足の方は特に決まっていません。

多分、珈音ルートエンド後は、時々真瓏の方がこうしている時があると思うのですが、
アリサには見せることは無い気がします。あくまで、自身の役割に近いところはプライベートの中のプライベートの域で収めるハズ。
でも、もし虫がアリサの目に触れたら阿鼻叫喚ですよね。猫はいいとしても他が。
真瓏で攻撃しようとしまいと、「珈音」の設定は結構爆弾抱えていました ね
<5章ネタバレあり>
剣じゃなくて虫巻きつけでもいいかと思ったのですが乙女ゲーでそれは酷いと思って自重しました。R要素ありだったらそうしてグロかエロ方面のフラグで会話やってもよかったかもしれませんががが
</ここまで>

それで、なにを思ったか擬人化!
こうしていれば少しはアリサに怯えられないかもとか考えた…

なんだかすごく…
でもまぁいいか! 多眼だけそのままにしてみました(…)
肉体派な感じのさばさばお姉さんにしたかったので女性体です。
彼女は心の虫という点で「珈音」を本能的に愛するようになっています。性的ではなく、生の部分で。
猫タイプのスノーベリーもしかり。スノーベリーはメスにするかオスにするか、いっそ両性にしてしまうかどうしようか。
スノーベリーは運び屋だとか便利屋なポジションにしようと思っていますが(実際真瓏はスノーベリーに乗って移動したりもするので)、この多眼多足さんは傭兵な立ち位置かな?
しょこらーでに出てきた場合は、「珈音」が大事にしているアリサも大事なので、原型の状態でアリサに泣かれようともアリサの護衛もするかなとか。
特殊な言語での呼び方にするか迷いますが、アリサへの呼び方は「アリサ様」かしら。


次回は閑話休題な感じで、きゃんでぃの話を持ってこようと思います。つまり珈音でもなく真瓏でもなくローリエですね。
きゃんでぃ、いまいちローリエに需要があるのかないのか心配でならないのですが、好いて貰えるよう日々頑張ってみています。自分の好きなように作ってはいますが、ローリエ果たして愛して貰えるかしら。珈音も珈音で自信満々というよりはびくびくしながら送り出したキャラでした。
万人受けはしなくてもいい、といいますか多分私では無理
そういえば、背景をお手伝いしていた企画が1つ停止になりました。
再開がいつになるかは分かりませんが、一時予定が空いたので今のうちに少しでも。
10日になると、確かサイトが5周年になりますね。
どうしようかな。今まで特になにかしたっけ…
あと、何気にしょこらーでは4周年してました。去年の12/16に。
メンバーですら覚えている人何人いるのかわかんないですねアレ

しかしこのブログ、グーグルクロームさんで見ると文字がちいさいんだよなぁ
軽くて重宝していますが、なんでクロームさんは文字ちいさいん
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

HN:
城崎 紫苑
HP:
性別:
女性
自己紹介:
長髪とか和風とかレトロとか中世とか大好きな管理人。
お話はファンタジー至上。作る話の主人公はいつの間にか全員人間じゃなかったりするほど。
熱しやすく冷めやすいようだけれど、蛇のようにしつこい時も多々。

伽倶矢:「うぇぶ拍手だよ。ぱちぱちしてくれると嬉しいな。一言何か言いたい時にもどうぞ。」

拍手です。 本館のTopのものと共有しております。 返信はこの日記にて! 一言感想を送りたい時にもどうぞ。

(02/04)
(06/27)
(02/11)
初めまして(返信済)
(03/16)
おお!(返信済)
(06/25)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]