忍者ブログ

睡蓮の夢草紙

城崎紫苑の生息を確かめる場所。基本的にはTwitterの方が頻度は高いですが、何かありましたらこちらにも自分への覚書で書き込みをしています。
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

中学生の時スクラッチボードが好きでした


スクラッチボードを削ったようなイラストを描いてみたかった。玉砕。
狐の剥製(うっうっ…きつね…)をスクラッチボードに写生して、毛並みの表現とかを勉強っていうのを中学生の美術でやったことがあります。あれ楽しかった。人によれば、あのキイキイいう音が非常に鬱陶しいと感じられそうなのですが、私はニードルのあの作業が好きでした…。

それはさておき、なんだか段々ココの立ち位置が分からなくなってきました。なんとか1章に修正かけて立て直してきているつもりなのですが、どうも…COOLです。なんだこの冷めたココ
かなり色んな意味で熱い性格だったアリサと、また違う熱さをだそうとしていたら、何故だか妙に冷めて悟ったようなヒロインになってしまいました。困った…。

(例:アリサの場合)
珈音「今日は暑いねー」
アリサ「暑いですね!!プール行きましょうプール!!」
真瓏:「焼けるから嫌だね」

(例:ココの場合)
ローリエ:「今日は暑いな」
ココ:「そうですね」
ローリエ:「…」

という感じで。何この子どうしよう。
明るさを…取り戻すんだ…!どこから狂ったんだこれ…。早く2章終わらせたい。基軸は私が作成しているのですが、他のキャラさんの喋らせ方もまだよく間違います。
既に完成しているコラボゲーム(結構、1キャラに担当が2人いらっしゃるとか、絵師とシナリオで分かれていることも多かった。文章メインの方も参戦してらっしゃったようです?)を幾つかしたことがあるんですが、全ルート共通のキーキャラじゃない限り、共通シナリオで各キャラが喋るってことがあんまりないんですよね。それが私は寂しい。しょこらーでではキャラに共通シナリオでも一杯交流してもらおうと思っています。いつもヒロインとキャラが1対1(サブキャラは除く)だと味気ないんですよね。そこにいる実感がないというか。他の人何してんの?みたいな。
そのためには自分頑張らないとなぁ。
ラムシェが扱いやすくて助かります。
区切って、話題もう1つ。
ずっと探していたアニメをやっと見つけました。
大好きだったのに塾などで全話見れなくて、録画とか出来ないからリアルタイムしかチャンスがないっていうのに、一生懸命そのアニメ見ながらそれで絵の練習をしてました。ちょっとどころじゃなく影響受けてます。
結構前だったからなのか、なんで大好きだったのに題名を忘れてしまったんだろうとすっごい悔しくて、何年も「あれはなんだったんだろう」って探してたので、見つけたときはすっごく嬉しかったです。題名も放送時期も忘れたらなかなか探せないですよね。
これ→マシュランボー(http://www.toei-anim.co.jp/tv/mashura/)
公式で、ファンイラストを今も集めて掲載しているみたいでいっちょやってやろうかと思ってしまった…。なにあのイラストギャラリー、幸せすぎる…。
Wikiの記事で調べたら、2000年のアニメなんですね。そうそう、神風怪盗ジャンヌの次にやってて、H×Hの裏番組でした。Wiki見て思い出した。
私はアニメでクラピカがオークション行くあたりまで全くH×Hを知らなかったのでずっとこっち見てました。今だったら、どっちを見るかジレンマの嵐だったと思います。どっちも好き。
マシュランボー、マシュラが異常に好きでした。声がバーローと一緒だったのか…。
声優陣結構豪華なんですね(今更)
音楽も凄くて、確かOPがものすっごく好きだった記憶があります。
ハイパーサーゴも無駄にかっこいい。通常サーゴも好きだったよ。
ハイパーマシュラ、めちゃくちゃかっこいいじゃないか…。マシュランボーは勿論大好きです。ヤクモかわいいよヤクモ!クータルもふりたい。
それにしても、忘却の旋律といい、自分は人間が完全排除されたりヒーローやヒロインが周りから忌み嫌われてる作品好きすぎですね。何この傾向?
あとこのアニメ、HPで公開されてるムービー見たら、プロデューサーがDBと聖闘士聖矢の人で、監修がモノノ怪と化猫の人だったんですね。
通りで…モノノ怪に惹かれたわけです…。モノノ怪で人気が出たから、このマシュランボーに映画化の話が出たんですかね。どうやらDVDになるだけになってしまったようで残念です。

マシュランボー好きな人いたらお友達になりたい…。
なんだろう、なんでかアソボット戦記五九を思い出した。モチーフ一緒だけど内容違うぞ…
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HN:
城崎 紫苑
HP:
性別:
女性
自己紹介:
長髪とか和風とかレトロとか中世とか大好きな管理人。
お話はファンタジー至上。作る話の主人公はいつの間にか全員人間じゃなかったりするほど。
熱しやすく冷めやすいようだけれど、蛇のようにしつこい時も多々。

伽倶矢:「うぇぶ拍手だよ。ぱちぱちしてくれると嬉しいな。一言何か言いたい時にもどうぞ。」

拍手です。 本館のTopのものと共有しております。 返信はこの日記にて! 一言感想を送りたい時にもどうぞ。

(02/04)
(06/27)
(02/11)
初めまして(返信済)
(03/16)
おお!(返信済)
(06/25)

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]